HOME > 技術とサービス > リフォーム > 木造住宅耐震補強

技術とサービス

木造住宅耐震補強

安価な耐震補強のツボ

日本では、大きな地震が発生する度に、建築基準法が見直されてきました。 昔の法律に基づいて建設された住宅、とりわけ1981年(昭和56年)以前の住宅は、 現在の基準を1.0とすると、0.3~0.4程度のものがほとんどです。 東南海地震で発生が予想される揺れに対し、大きな被害が心配されます。

NITTOHでは、耐震補強の促進をするため、従来費用の1/3程度を目指して、技術・経験を駆使します。

安価な耐震改修のコツ

耐震補強に用いる工法

これらの組み合わせで、効率的な補強を行います。

  • 1.アイワン工法

NITTOHグループの日本住宅耐震補強(株)と名古屋工業大学が共同開発した安価な耐震改修システム。 居住空間に関与せず、外装材もそのままに施工するため、工期は短く施工中も日常生活の支障はありません。 また工事費は従来の1/3程度です。

日本住宅耐震補強株式会社のサイトこちら

NJT 画期的な耐震補強工法 アイワン

  • 2.構造用合板による補強


押入れの補強は、撤去、復旧が少なく効果的

壁量の不足や偏心に対し、耐力壁の増強を行います。
補強位置方法などは、バランス、居住者の導線、デザイン性などを考慮して、最適な方法を提案します。

  • 3.部分開口合板補強

2.の構造用合板による補強は、一般的に天井・床の解体、復旧が必要になるが、天井・床を解体せずに補強できる工法です。

  • 4.足固め工法

基礎部分が玉石などの場合、基礎を連結し、補強します。

  • 5.金具による床下、木部軸組の補強

古い建物は、接合耐力が不足している傾向があるため、床下、小屋組などの接合部を金具で補強します。

  • 6.腐朽、蟻害部分の補修

土台・柱を中心に、腐朽・蟻害による部材の劣化、強度低下などがある場合、必要に応じて部材の取り替え、金具などによる補強工事を実施します。

診断から補強までの流れ

まだ耐震診断を受けたことのない方

耐震診断 対象物件(昭和56年5月31日以前に工事着手した2階建て以下の在来軸組み工法であることなどの条件を満たす建物)のお客様は、市町村で実施している無料耐震診断をお勧めしますが、対象外の方などは、当社でも耐震診断を承っております。図面、ヒアリング、現地調査をもとに耐震診断を実施します。

耐震診断を既に受けられた方

耐震診断の提示 既に受けられた耐震診断結果報告書を拝見させてもらいます。

耐震補強が必要な場合

ヒアリング 不安内容、住まい方、今後のリフォーム計画の有無、予算などをお聞きし、補強方法のアウトラインを相談させてもらいます。

建物調査 耐震診断結果報告書に基づき、現状の住宅を調査いたします。

耐震補強方法の提案 ヒアリング、建物調査により、最適な耐震補強方法を提案し、補強後の耐震強度を提示します。
いろいろな方法があるので、ご相談に応じて、何パターンか提示し、施工方法や補助金の有無などについても説明させてもらいます。

ご契約 見積もり、仕様、工期、施工方法を説明し、ご契約させていただきます。

施 工

完了 安心して長くお住まいになれる耐震性能の良い住宅となります。補助金請求をする場合は、資料作成します。

NITTOHのネットワーク

採用情報

関連リンク

画期的な耐震補強工法アイワン

セブンハウス

ビルワーク

お掃除・ハウスクリーニング

デアール

NITTOH 太陽光発電専用サイト

ページの先頭へ戻る

Copyright © NITTOH. All Right Reserved.