HOME > IR情報 > 経営方針

IR情報

経営方針

トップメッセージ

長期的視点で継続的成長に向けて

活発な事業活動に取り組みます

皆様には、日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

はじめに、このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された方々及び関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。また、感染拡大防止に尽力されている医療・福祉従事者、行政関係者などをはじめとした多くの皆様に心から感謝申し上げます。

当期の当社グループを取り巻く環境は、前年度末からの新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延が長期化し、企業収益の業種間での格差拡大やそれに伴う雇用、所得環境の低迷など、さまざまな経済活動が不安定な状態となりました。また、政府による社会経済活動レベルの引き上げなどの対策により、一時的には回復の兆しが見えましたが、足元では感染症が再拡大しており、収束時期が見通せない先行き不透明な厳しい状況が続いています。

住宅・建設業界は、2019年10月の消費税増税以降、個人消費者の住宅に対する消費マインドが低下する厳しい状況下にあるなか、さらに新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、業界全体として新築着工件数は81万2千戸(前期比8.1%減)と2年連続減少の低水準となり、引き続き、厳しい状況となりました。

このような事業環境において、当社グループは、2020年5月の緊急事態宣言の解除後は通常の事業活動への回復に努めましたが、新築建設物向けの工事件数の減少、緊急事態宣言の発出に伴う営業活動の自粛、感染予防対策の徹底による活動制限などのさまざまな要因の影響により、業績確保は厳しい状況となりました。しかしながら、下半期においては大きく挽回し、経常利益は前年並みのところまで回復することができ、こうした状況のなかでも、設備投資は計画どおり実施いたしました。

長期的視点に立ち、コロナ禍収束後も見据え、人材採用、育成には継続して取り組んでおり、今後の継続的成長に向けて、努めてまいります。

皆様には、今後とも相変らぬご指導とお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

2021年6月19日

コーポレート・ガバナンス

当社グループでは、「良識ある社会人として、英知を高め、責任ある行動をとる」ことを企業理念に掲げており、株主・顧客をはじめ、取引先、地域、社会、従業員等のすべてのステークホルダーから評価、信頼される企業を目指しております。
また、監査等委員会、取締役会等による経営監督機能の充実と、内部統制システムの整備によるリスク管理と説明責任の遂行及びコンプライアンス徹底のための施策を通じて、公正で透明性のある企業活動を実現することを、コーポレート・ガバナンスの基本方針としております。

経営上の意思決定、業務執行及び監督・監査

取締役会は、原則として毎月1回、その他必要に応じて随時開催し、経営の基本方針、会社法及び定款で定められている事項、その他経営に係る重要事項等に関する審議・決定を行うとともに、業務の執行状況に関する監督、経営計画の進捗状況の確認等を行っております。
当社は、監査等委員会設置会社であり、社外取締役を含む監査等委員である取締役は、取締役の業務執行の適正性、妥当性について監査を実施しております。併せて、監査等委員会、内部監査室、会計監査人との間で定期的な連絡会を開催して情報を交換するなど連携を密にし、監査の有効性と効率性の向上に努めております。

内部統制システムの整備

当社グループは、コンプライアンスを徹底し、リスクを管理しながら業務を適正かつ効率的に遂行するとともに、財務報告の信頼性を確保するために、内部統制システムの構築・運用に努めております。

コンプライアンス体制

コンプライアンス規程を定め、随時その見直しと周知・徹底を図るとともに、「NITTOHのコンプライアンス15」を定め、企業倫理の確立と法令順守の徹底を図っております。
社長は、コンプライアンス体制の整備及び維持向上を統括し、コンプライアンス所管部門である総務部は、必要に応じてマニュアル等を整備し、従業員に周知徹底を図っております。

NITTOHのネットワーク

採用情報

関連リンク

セブンハウス

ビルワーク

お掃除・ハウスクリーニング

デアール

NITTOH 太陽光発電専用サイト

ページの先頭へ戻る

Copyright © NITTOH. All Right Reserved.